情報セキュリティをめぐる環境

ITの普及化、進歩化に伴って情報セキュリティをめぐる環境は複雑化を増しており早急な対策が求められています。
至近な例では、インターネットバンキングの不正送金が挙げられます。
本人の知らない間にID、パスワード、暗証番号が盗まれ自身の口座からほかの見知らぬ口座へ預金が移されてしまったと言うニュースは連日聞かされます。

多くの銀行では無料のワクチンをユーザーに提供するなどして被害防止に努めており、またウイルス対策ソフトの導入やID、パスワードの更新を呼び掛けていますが犯罪は巧妙化する一方で予防対策にも限界があります。
ネットユーザーが暗証番号を利用しなければ犯行グループも手が出せないので、フィッシングサイトに気を付け、ここは取りあえず事態が沈着するまでインターネットによる送金はひと休みして残高情報を閲覧する程度にしておいた方が良さそうです。

顧客情報の漏えいもたびたびニュースになります。
個人情報は住所や生年月日、クレジットカード番号などが含まれており悪用されることを考えると背筋が寒くなりますが、カード決済はひとまず休止して代金引換や店頭受け取りにした方が無難です。

また、匿名掲示板での名誉棄損行為や実名を公表されたなどの行為を受けたら管理者やプロバイダーに削除依頼を出すことが大切です。
さらに、スマートフォンはパソコンの小型板なので犯罪も多発しており電話帳機能を盗まれたり、オンラインゲームを勝手に利用される事例も頻発しているようです。
便利なものは却って不便と言うことになってしまいますが、自分の財産や身を守るためにも心掛けたいことです。