実務の経験と管理職、そして信頼関係の構築

IT業界は慢性的に人材不足の状態にあえいでいます。
従って、求人情報には事欠きませんが企業が獲得したいと望んでるのは20代から30代のフレッシュな層が中心となります。
この業界では若年層への充実した研修制度が行き届かないこともあって、優秀なエンジニアの育成が後手後手に回り、社員がなかなか定着せず転職を繰り返しているのが現状です。

社員は、実地に経験を積み重ねながら納期までに仕事を完了しなければならず、深夜労働や徹夜、休日出勤が恒常化しています。
しかし、優れたIT立国である日本がこれからも世界で対等に渡り有って行くには、優秀なエンジニアを育成して後世に残していくことが急務と言えるでしょう。

就職活動を行なう学生にとって、IT業界は低賃金で長期間拘束されると言うネガティブなイメージが付きまとっています。
このような状態を早く払しょくして、理工学生が進んで応募する環境を整えることが必要です。

そのためには、大手の企業が主体となっていち早く研修制度を充実化させ、また学生にIT業界でのやりがいを強くアッピールすることが良いと思います。
20代、30代で実務の経験を積んだら今度は管理職として全体を俯瞰した目で見る才能が要求されます。

若手社員の仕事振りを評価して、心身の管理に気を配り自分自身も一人の人間として成長するチャンスです。
年齢を重ねることによって部下の面倒を見ることを通し、人生の先輩後輩の関係を築く貴重な機会です。
そして、このような信頼関係の構築は会社勤めをしている人々の醍醐味と言えるのではないでしょうか。